コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖高原 ひじりこうげん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖高原
ひじりこうげん

長野県北部、東筑摩(ひがしちくま)郡麻績(おみ)村と長野市南部の境にある聖山(1447メートル)山麓(さんろく)の高原。標高1000~1200メートルで、聖山高原県立自然公園となっている。地名は、鎌倉時代にこの地に道場を開いた聖(仏教の僧)にちなむとか、聖山周辺に湧水(ゆうすい)地が多く、地元ではこれを樋尻(ひじり)とよぶことによるともいわれる。近世は猿ヶ馬場(さるがばば)峠を越えて善光寺街道が通り、いまも旧道の一部が残っている。高原には人造湖の聖湖などがあり、別荘地、スキー場の開発も進んでいる。JR篠ノ井(しののい)線聖高原駅があり、国道403号が通じ、長野自動車道の麻績インターチェンジが近い。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

聖高原の関連キーワード聖山高原県立自然公園長野県東筑摩郡麻績村長野(市)麻績(村)筑摩山地姨捨山長野市麻績村聖山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android