コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡 おおおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大岡
おおおか

長野県北部,長野市南西部の旧村域。犀川東岸から筑摩山地聖山にかけて広がる。 1889年村制。 1956年牧郷村の一部を編入。 2005年長野市に編入。傾斜地が多く,小規模な米作養蚕を主とする農村であったが,1964年頃から聖高原周辺の別荘地やスキー場の開発事業が進んだ。一部が聖山高原県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおおか【大岡】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大岡
おおおか

長野県中央北部、更級(さらしな)郡にあった旧村名(大岡村(むら))。現在は長野市南西端の一地区。2005年(平成17)、上水内(かみみのち)郡豊野(とよの)町、戸隠(とがくし)村、鬼無里(きなさ)村とともに長野市に編入。なお、この合併により更級郡は消滅した。旧村域は、犀(さい)川中流域に位置し、同川沿いに国道19号が通じる。標高400メートルの犀川沿岸から800メートル余りの高さに及ぶ斜面に展開する山村で、山林が面積の75%を占めている。米作や高原野菜などの栽培中心の農村であるが、聖山(ひじりやま)には自然と親しめる宿泊施設を設置し観光客を誘致している。イワナの養殖も行われている。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大岡の関連キーワード黄昏のストームシーディング滋賀県甲賀市水口町京町故郷の水へのメッセージ長野市大岡特産センター新版大岡政談 第一篇京急百貨店 上大岡店新版大岡政談 解決篇新版大岡政談 第二篇長野県長野市大岡甲緑なす眠りの丘を扇音々大岡政談詩人菅原道真念が晴れる折々のうた三方一両損大岡越前守大岡政談物記憶と現在大岡忠貫甲賀三郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大岡の関連情報