コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡 おおおか

4件 の用語解説(大岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大岡
おおおか

長野県北部,長野市南西部の旧村域。犀川東岸から筑摩山地の聖山にかけて広がる。 1889年村制。 1956年牧郷村の一部を編入。 2005年長野市に編入。傾斜地が多く,小規模な米作と養蚕を主とする農村であったが,1964年頃から聖高原周辺の別荘地やスキー場の開発事業が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおおか【大岡】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大岡
おおおか

長野県中央北部、更級(さらしな)郡にあった旧村名(大岡村(むら))。現在は長野市南西端の一地区。2005年(平成17)、上水内(かみみのち)郡豊野(とよの)町、戸隠(とがくし)村、鬼無里(きなさ)村とともに長野市に編入。なお、この合併により更級郡は消滅した。旧村域は、犀(さい)川中流域に位置し、同川沿いに国道19号が通じる。標高400メートルの犀川沿岸から800メートル余りの高さに及ぶ斜面に展開する山村で、山林が面積の75%を占めている。米作や高原野菜などの栽培中心の農村であるが、聖山(ひじりやま)には自然と親しめる宿泊施設を設置し観光客を誘致している。イワナの養殖も行われている。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大岡の関連キーワード長野県長野市上ケ屋長野県長野市浅川東条長野県長野市南高田長野県長野市南千歳長野県長野市南長池長野県長野市南長野長野県長野市南長野県町長野県長野市南長野諏訪町長野県長野市南長野妻科長野県長野市南堀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大岡の関連情報