コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡(読み)おおおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大岡
おおおか

長野県北部,長野市南西部の旧村域。犀川東岸から筑摩山地聖山にかけて広がる。 1889年村制。 1956年牧郷村の一部を編入。 2005年長野市に編入。傾斜地が多く,小規模な米作養蚕を主とする農村であったが,1964年頃から聖高原周辺の別荘地やスキー場の開発事業が進んだ。一部が聖山高原県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大岡
おおおか

長野県中央北部、更級(さらしな)郡にあった旧村名(大岡村(むら))。現在は長野市南西端の一地区。2005年(平成17)、上水内(かみみのち)郡豊野(とよの)町、戸隠(とがくし)村、鬼無里(きなさ)村とともに長野市に編入。なお、この合併により更級郡は消滅した。旧村域は、犀(さい)川中流域に位置し、同川沿いに国道19号が通じる。標高400メートルの犀川沿岸から800メートル余りの高さに及ぶ斜面に展開する山村で、山林が面積の75%を占めている。米作や高原野菜などの栽培中心の農村であるが、聖山(ひじりやま)には自然と親しめる宿泊施設を設置し観光客を誘致している。イワナの養殖も行われている。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大岡の関連情報