コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聘する ヘイスル

デジタル大辞泉の解説

へい・する【×聘する】

[動サ変][文]へい・す[サ変]礼を厚くして人を招く。招聘(しょうへい)する。また、単に呼び寄せる。
「先生を―・して主筆たらしむ」〈秋水・兆民先生〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいする【聘する】

( 動サ変 ) [文] サ変 へい・す
礼を尽くして人を迎える。また、単に招き寄せる。 「時としては楽師などを-・することも有ります/片恋 四迷

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

聘するの関連キーワードクリスティーナジャン トッドフィッシャーしょうへい柴田剛中日韓協約吉田富三文化使節アモン招聘四迷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android