コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迎える/邀える ムカエル

デジタル大辞泉の解説

むか・える〔むかへる〕【迎える/×邀える】

[動ア下一][文]むか・ふ[ハ下二]《「向かう」と同語源》
人の来るのを待ち受ける。「旧友を駅に―・える」「拍手で―・える」
呼んで、来てもらう。呼びよせる。「医者を―・える」
招いて仲間や家族に加え入れる。「会長に―・える」「養子を―・える」
(確実にやってくる)ある時期や段階を目前にする。「還暦を―・える」「死を―・える」「正月を―・える」
よしとして受け入れる。ごきげんをとる。「上司の意を―・える」
相手の攻撃を待ち構えて防ぐ。「を―・える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

迎える/邀えるの関連キーワード婿取り娘・聟取り娘さんばい降ろし婿取り・聟取り山越え阿弥陀三つ指をつくオクラの日カロリン島夜を明かす社外取締役夜明かし年を越す出迎える婿取り娘迎え盆さ降り御迎え嫁取り冬支度初節句大団円

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android