聳える(読み)ソビエル

デジタル大辞泉の解説

そび・える【×聳える】

[動ア下一][文]そび・ゆ[ヤ下二]
山などが非常に高く立つ。そそりたつ。「雲に―・える霊峰」「高層住宅が―・える団地」
ほっそりしている。すらりとしている。
「人ざまいとあてに―・えて、心恥づかしきけはひぞしたる」〈・明石〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そびえる【聳える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 そび・ゆ
山・建物などがひときわ高く立つ。そそりたつ。 「眼前に-・えるアルプスの山々」 「大木が-・える」
背丈が高くすらりとしている。 「宣旨の君は、ささやけ人の、いとほそやかに-・えて/紫式部日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android