コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聳える ソビエル

デジタル大辞泉の解説

そび・える【×聳える】

[動ア下一][文]そび・ゆ[ヤ下二]
山などが非常に高く立つ。そそりたつ。「雲に―・える霊峰」「高層住宅が―・える団地」
ほっそりしている。すらりとしている。
「人ざまいとあてに―・えて、心恥づかしきけはひぞしたる」〈・明石〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そびえる【聳える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 そび・ゆ
山・建物などがひときわ高く立つ。そそりたつ。 「眼前に-・えるアルプスの山々」 「大木が-・える」
背丈が高くすらりとしている。 「宣旨の君は、ささやけ人の、いとほそやかに-・えて/紫式部日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

聳えるの関連キーワード南部(町)(鳥取県)モンサンミッシェル新上五島(町)南越前(町)愛南(町)北杜(市)南砺(市)魚沼(市)池辺寺跡アルプス高瀬石仏棚底城跡田渋荘霊峰宣旨巑岏孤尊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android