霊峰(読み)れいほう

精選版 日本国語大辞典「霊峰」の解説

れい‐ほう【霊峰】

〘名〙 妙な山。神々しい山。また、神仏をまつってある山。信仰の対象としてあがめられる山。霊山
※源平盛衰記(14C前)四「日本無双の霊峯(レイホウ)として朝家唯一の神明也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霊峰」の解説

れい‐ほう【霊峰】

霊妙な山。神仏などが祭ってある山。信仰の対象として、神聖視されている山。霊山。「霊峰恐山」「霊峰富士」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android