霊峰(読み)れいほう

精選版 日本国語大辞典「霊峰」の解説

れい‐ほう【霊峰】

〘名〙 妙な山。神々しい山。また、神仏をまつってある山。信仰の対象としてあがめられる山。霊山
※源平盛衰記(14C前)四「日本無双の霊峯(レイホウ)として朝家唯一の神明也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「霊峰」の解説

霊峰

滋賀県米原市で生産されるブランド。地域で生産される渋柿伊吹平核無柿」のうち、収穫前の未熟果実に一つずつ袋掛けをして脱渋を行う「樹上脱渋」製法で作られたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「霊峰」の解説

れい‐ほう【霊峰】

霊妙な山。神仏などが祭ってある山。信仰の対象として、神聖視されている山。霊山。「霊峰恐山」「霊峰富士」
[類語]山岳高山小山山山山並み連山連峰山脈山塊山系山地・山岳地帯・名山秀峰高峰最高峰高嶺大山巨峰主峰霊山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「霊峰」の解説

【霊峰】れいほう

霊山。

通「霊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android