コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉芽組織 ニクガソシキ

デジタル大辞泉の解説

にくが‐そしき【肉芽組織】

《医学で「肉芽」は「にくげ」という》⇒肉芽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にくがそしき【肉芽組織】

毛細血管・繊維芽細胞などから成る増殖力の盛んな若い結合組織。傷の治癒、外界から体内に入った異物処理などに際し、重要な役割を果たす。肉芽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肉芽組織
にくがそしき

病理学的に細胞や組織の機能亢進(こうしん)に基づく病変を進行性病変とよぶが、肉芽組織もこれに属する。なお、医学では習慣的に「にくげそしき」とよぶことが多い。組織に創傷などの物質欠損が生じた場合、その部にいわゆる「肉が上がってくる」と表現される鮮紅色の軟らかい組織が新生されることは、日常的に経験されるが、肉芽組織とは、この新生された組織のことである。組織学的にみると、肉芽組織は毛細血管に富む若い結合組織で、線維芽細胞、組織球、さまざまな白血球、リンパ球、形質細胞といった多種の細胞成分が関与している。また、肉芽組織は再生力の不十分な組織にかわって欠損部位を補填(ほてん)するために生ずるほか、生体の外部から移入された、あるいは生体内で形成された異物を処理する機転の反応として生ずることもある。肉芽組織が、異物を取り囲むように発生すれば被包とよび、異物に置き換わってしまうようであれば器質化という。さらに、肉芽組織は慢性炎症の場合にもたびたび形成される。肉芽組織は、古くなると線維化が著明となり、硬い灰白色の瘢痕(はんこん)となり、収縮をおこして、表面はへこんで認められるようになる。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の肉芽組織の言及

【肉芽】より

…この痂皮をはがしてみると,下にはザクロの実のような桃色の顆粒状の盛上りがある。これを肉芽または肉芽組織granulation tissueという。盛んに増殖しつつある柔らかい血管に富む若い結合組織で,創面の壊死性組織を吸収し,欠損部を埋め,繊維化をおこす,創傷治癒にとってきわめて重要な組織である。…

※「肉芽組織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肉芽組織の関連キーワード胆嚢良性腫瘍ホジキン病細気管支炎異物肉芽腫繊維芽細胞生活反応形質細胞ポリープ毛細血管乾酪化過形成がま腫臍感染ゴム腫肉芽腫巨細胞器質化渡辺結核黒焼

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android