コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被包 ひほうencapsulation

翻訳|encapsulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被包
ひほう
encapsulation

体外から異物が入ってきたり,体内に炎症性滲出物や壊死組織が生じた場合,生体は,白血球食作用や酵素作用による融解などによって処理しようとする。しかし,これらの物質が早期に排除できない場合は,周囲から肉芽組織が増殖してきて,これが瘢痕化し,結合組織の固い被膜で包まれてしまう。この現象を被包という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android