コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥やす コヤス

デジタル大辞泉の解説

こや・す【肥やす】

[動サ五(四)]
肥料などをほどこして地味をよくする。肥沃(ひよく)にする。「やせた土地を―・す」
栄養を与えて太らせる。「豚を―・す」
不当に利益を得させる。「私腹を―・す」
経験を積んで、もののよしあしを判断できる能力を豊かにする。「舌を―・す」
見たり聞いたりして心を満足させる。喜ばす。楽します。
「一時が目を―・して何にかはせむ」〈更級
[可能]こやせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こやす【肥やす】

( 動五[四] )
肥料を与えて、地味をよくする。 「土地を-・す」
物の価値を判断する力を高める。 「舌を-・す」 「目を-・す」 「耳を-・す」
(不当な手段で)財産を殖やす。 「私腹を-・す」 「懐を-・す」
栄養を与えて太らせる。 「やせ衰へたる牛などを…色々の草葉をもつて飼ひ-・し/狂言・牛博労」
満ち足りた気持ちにする。喜ばせる。 「一時が目を-・して何にかはせむ/更級」
[可能] こやせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肥やすの関連キーワードショー(George Bernard Shaw)スウィフト(Jonathan Swift)聚斂の臣あらんより寧ろ盗臣あれクローバー(マメ科)フェリペ(3世)クレプトクラットクレプトクラシーアイガモ農法レシデンシア懐を肥やす反腐敗運動詩嚢・詩囊懐を暖める腹を肥やす不三得七法不堪佃田不三得七生ける屍腹・肚火入れ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肥やすの関連情報