コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥前杜氏(ひぜんとうじ)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

肥前杜氏

唐津市肥前町出身の杜氏グループ。杜氏は酒造りの責任者で、すべての工程の指揮をとる。農村からの出稼ぎの杜氏が、日本酒をつくるようになったのは江戸時代からとされ、九州では、福岡県の柳川杜氏や長崎県の小値賀(おぢか)杜氏などが有名。肥前杜氏の歴史を研究している佐賀大の小林恒夫教授(農業経済)によると、1950年〜80年には25人前後の肥前杜氏がおり、県内のおよそ3分の1の蔵元で酒造りを指導した。しかし、冬季だけの不安定な雇用を嫌う若者が増え、後継者が減少。代わりに、酒造会社の役員や従業員が杜氏を務める蔵元杜氏が増えている。

(2008-02-25 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ひぜんとうじ【肥前杜氏】

佐賀の日本酒。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒などがある。平成23、24年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は脊振(せふり)山系伏流水。蔵元の「大和酒造」は昭和50年(1975)4つの蔵元が合併し設立。所在地は佐賀市大和町大字尼寺。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android