コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩代わり法 カタガワリホウ

人事労務用語辞典の解説

肩代わり法

肩代わり法とは、2010年5月に成立し、同7月からスタートする改正健康保険法の通称です。同法は、中小企業の社員が加入する協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)の保険料アップを抑えるために、3年間の特例措置として、大企業中心の健康保険組合に負担増を求めるもの。協会けんぽに対する国の財政支援の一部を、健保組合や公務員らの共済組合が事実上「肩代わり」する形になったことから、肩代わり法と呼ばれています。
(2010/6/21掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

肩代わり法の関連キーワード愛知県の要覧青森県の要覧秋田県の要覧石川県の要覧茨城県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大分県の要覧大阪府の要覧沖縄県の要覧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android