コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協会けんぽ キョウカイケンポ

3件 の用語解説(協会けんぽの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうかい‐けんぽ〔ケフクワイ‐〕【協会けんぽ】

《「全国健康保険協会管掌健康保険」の略称》平成20年(2008)10月に設立された全国健康保険協会が運営する健康保険。自社の健康保険組合を持たない中小企業の従業員を対象とする。これまで国(社会保険庁)が運営していた政府管掌健康保険が移行したもの。
[補説]社会保険庁が運営していた公的年金事業は、平成21年(2009)12月の同庁廃止後、平成22年(2010)1月から日本年金機構に移行した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

協会けんぽ

政府管掌健康保険を引き継ぎ、非公務員型の公法人として2008年10月に設立された。大企業の健保組合や公務員の救済組合に加入していない中小企業の従業員や家族約3500万人が入り、県内には約41万人いる。保険料は給与ごとに分けられる標準報酬月額保険料率を掛けて算出する。保険料率は都道府県ごとに労使の代表者や有識者9人で構成する評議会で検討し、厚生労働省の認可を受けて決まる。

(2012-02-21 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

協会けんぽ
きょうかいけんぽ

おもに中小企業で働く会社員とその家族が加入する健康保険制度を運営している公的な法人。正式名称は全国健康保険協会。2008年(平成20)10月に設立された。それまでは政府管掌健康保険(略称は政管健保)とよばれ、社会保険庁が運営業務を担っていたが、2006年6月の健康保険法の改正によって新組織に業務を移すことになった。
 新組織の最大の特徴は都道府県ごとの運営を取り入れ、保険料も都道府県ごとに決められるとした点である。各地域で健康づくりを推進し、医療費を抑えることができれば、保険料も抑えられるなどと期待されており、従来の全国一律運営よりも効率的だとされている。2009年9月から都道府県ごとの保険料となるが、政治的な配慮から当初は激変緩和措置が導入され、大きな差は出ない見通しとなっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

協会けんぽの関連情報