肩当・肩宛(読み)かたあて

精選版 日本国語大辞典「肩当・肩宛」の解説

かた‐あて【肩当・肩宛】

〘名〙
① 着物の裏の肩のところに付け添えた布帛
※今鏡(1170)八「世のさがになりて、かたあて、腰当て、烏帽子とどめ、冠とどめなどせぬ人なし」
② 寝る時に、枕と肩の間にはさんで寒さを防ぐ布帛。
③ 貫頭の打掛(うちかけ)の一種。
④ 具足のわたがみの下の襟回りに当てる亀甲金(きっこうがね)を包んで菱綴(ひしとじ)にした布帛。
※太神宮諸雑事記(11C中か)「禰宜等の肩当錦綾を奪取之間」
舶来南蛮胴(なんばんどう)付属のマンチラを饅頭肩当(まんじゅうかたあて)といい、これにならって布帛の家地に板金(いたがね)を包んだ小具足。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android