コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

育児放棄 いくじほうきneglect

翻訳|neglect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

育児放棄
いくじほうき
neglect

保護者による児童(0~17歳)に対する保護・養育責任と義務の怠慢,拒否をさす。ネグレクトともいう。2000年11月施行の児童虐待の防止等に関する法律児童虐待防止法)に定義される児童虐待の一形態として,身体的虐待,性的虐待,心理的虐待とともに大きな割合を占める。育児放棄はさらに,身体的(食事をさせないなど),教育的(学校に行かせないなど),情緒的(児童の薬物やアルコールの乱用を放置するなど)に分類される。原因として,産後うつ病,核家族化によって孤立した母親の育児不安や育児ストレス,しつけと虐待の区別ができない親の増加,女性が妊娠したためやむをえず結婚した「できちゃった結婚」などによる親の低年齢化,経済的困窮などが考えられる。親自身が被放棄経験をもつ場合も少なくない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

育児放棄の関連キーワード反応性アタッチメント障害子ども虐待防止世界会議県内の虐待相談受付件数県内の児童虐待の状況マタニティ・ブルー赤ちゃんポストカンガルーケア親権停止制度児童相談所難民高校生産後うつクヌート母子関係ちゅら発達毒親遺棄

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

育児放棄の関連情報