コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃もたれ感 いもたれかん

1件 の用語解説(胃もたれ感の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いもたれかん【胃もたれ感】

胃内に食物が停滞しているような重苦しい感じをいう。胃排出(胃から十二指腸への排出)に障害がみられる場合が多く,器質的には,胃潰瘍胃癌等で幽門狭窄がおこり排出困難な状態をひきおこしている場合,また潰瘍や胃炎等の影響で胃の運動が減退している場合,腸,胆囊,肝臓,膵臓等周辺臓器から圧迫等の影響をうけている場合,また心労などによる中枢からの影響で胃の運動が抑制されている場合にみられる。いわゆる胃下垂症,胃アトニーといわれる胃の緊張低下,食物の排出力の低下がみられる場合にもしばしばみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胃もたれ感の関連キーワードスタグフレーション息苦しい重苦しい重苦不況胸苦しい胃靠れ胃内滞留時間憩室炎食物消費調査

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone