幽門狭窄(読み)ユウモンキョウサク

デジタル大辞泉の解説

ゆうもん‐きょうさく〔イウモンケフサク〕【幽門狭×窄】

胃の幽門部が狭くなり、食物の通過のよくない状態。潰瘍(かいよう)や腫瘍(しゅよう)が発生したときなどにみられ、胃拡張や嘔吐(おうと)などを伴うことがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

幽門狭窄【ゆうもんきょうさく】

幽門部の内腔が狭くなった状態。食物が腸へ移行しにくくなり,胃が拡張して膨満感,嘔吐(おうと),疼痛(とうつう)などを呈する。原因は幽門痙攣(けいれん),幽門肥厚,胃癌胃潰瘍(かいよう)など。治療は原因に応じて胃腸吻合(ふんごう),胃切除などを行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうもんきょうさく【幽門狭窄 pyloric stenosis】

幽門の狭窄によって胃内容物の通過障害の起きた状態をいう。幽門は胃と十二指腸の境にあり,胃内容の腸への送出しを微妙にコントロールしている。この部位は消化管のなかで最も細い部位であり,種々の病変によって通過障害を起こしやすい。各年代層にわたってみられるが,それぞれ原因を異にする傾向にある。新生児にみられるものは幽門肥厚症で,幽門括約筋が肥厚して開きが悪くなることによって起こる。一般的に出生直後は異常はないが,2~3週後に乳を吐くようになり,しだいに悪化していくのが特徴である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうもんきょうさく【幽門狭窄】

胃の幽門部の内腔が狭くなり食物の通りが悪くなった状態。胃潰瘍や癌に多くみられ、胃のもたれ感、悪心おしん・嘔吐おうとなどが現れる。幽門狭窄症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幽門狭窄
ゆうもんきょうさく

胃から十二指腸への出口にあたる幽門部の内腔(ないくう)が狭くなって、胃内容がうまく通過しない状態の総称。主症状は嘔吐(おうと)で、そのほか胃内容が停滞して胃拡張をおこす。食物の摂取、吸収が思うようにならず栄養低下をきたし、ひどくなると食物が全然通らず、放置すれば死亡する。
 原因として、まず幽門部あるいは幽門近傍の消化性潰瘍(かいよう)や腫瘍(しゅよう)があげられる。前者では潰瘍が治癒に向かう過程で強いひきつり(瘢痕(はんこん)性収縮)をおこし、内腔が狭められて生ずるものが多く、後者では癌腫(がんしゅ)によるものが多い。いずれも手術が必要である。次に、乳児の幽門狭窄の多くは、肥厚性幽門狭窄症によるもので、アトロピンによる保存的治療が奏功しない場合や、幽門部筋肉の著明な肥厚を腹壁上より明らかに腫瘤(しゅりゅう)として触れたり、超音波検査で確認でき、症状も著しい場合には外科手術が必要となる。[松木 久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android