コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎中天皇 タイチュウテンノウ

デジタル大辞泉の解説

たいちゅう‐てんのう〔‐テンワウ〕【胎中天皇】

応神天皇の異称。神功皇后が応神天皇を懐妊のまま朝鮮半島に出兵したと伝えられるところからの名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいちゅうてんのう【胎中天皇】

応神天皇の異名。神功皇后が三韓征討の際、その胎中にあったという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の胎中天皇の言及

【応神天皇】より

…諱(いみな)は誉田別(ほんだわけ)という。ただ《古事記》には,大鞆和気(おおともわけ)ともあり,胎中(たいちゆう)天皇とも称された。《日本書紀》によると,仲哀天皇は西征のさなかに没し,皇后が三韓に遠征したさいにはすでに胎内にあり,遠征から帰ったのち,筑紫で生まれたという。…

※「胎中天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胎中天皇の関連キーワード異名胎中

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android