コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎中天皇 タイチュウテンノウ

3件 の用語解説(胎中天皇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいちゅう‐てんのう〔‐テンワウ〕【胎中天皇】

応神天皇の異称。神功皇后応神天皇を懐妊のまま朝鮮半島に出兵したと伝えられるところからの名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいちゅうてんのう【胎中天皇】

応神天皇の異名。神功皇后が三韓征討の際、その胎中にあったという。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の胎中天皇の言及

【応神天皇】より

…諱(いみな)は誉田別(ほんだわけ)という。ただ《古事記》には,大鞆和気(おおともわけ)ともあり,胎中(たいちゆう)天皇とも称された。《日本書紀》によると,仲哀天皇は西征のさなかに没し,皇后が三韓に遠征したさいにはすでに胎内にあり,遠征から帰ったのち,筑紫で生まれたという。…

※「胎中天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone