コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡沙 コサ

デジタル大辞泉の解説

こさ【×胡沙】

《息の意のアイヌ語から。「胡沙」は当て字》蝦夷(えぞ)の人の吐く息。また、その息によって起こるという霧。
「―吹かば曇りもぞするみちのくの蝦夷には見せじ秋の夜の月」〈夫木・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こさ【胡沙】

〔アイヌ語のフサ(口から吐く息の意)から。「胡沙」は当て字〕
蝦夷えぞの人の吐く息。蝦夷の人は吐く息で邪神や病魔などを払うといわれた。 「 -吹かば曇りもぞするみちのくのえぞには見せじ秋の夜の月/夫木 13」 〔 (1) 夫木集の「こさ」は、中国大陸からの、黄塵を含む春の季節風ともいわれる。 (2) のちに、蝦夷の人の吹く笛と解されて和歌で詠まれた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胡沙の関連キーワード秋元 洒汀半井 桃水みちのく青木竜山半井桃水秋元洒汀夫木集

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android