コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胥吏[朝鮮] しょり[ちょうせん]so-ri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胥吏[朝鮮]
しょり[ちょうせん]
so-ri

朝鮮で,中央,地方の官庁で行政の実務をとる下級官吏。衙前 (がぜん) ともいう。中央の胥吏に録事書吏があり,京衙前と呼ばれた。李朝初期には録事は六品,書吏は従七品ないし従八品まで昇進でき,任期終了後には守令などの資格試験に応試することができたが,中期以降は地位も低下し官吏への道は閉ざされた。地方の胥吏は郷吏または外衙前と呼ばれた。郷吏は高麗初期には地方の豪族であったが,李朝時代にはその身分が良民より低い賤民とされ,世襲的に地方官庁の下働きをした。しかし中央派遣の地方官は在任期間も短く,出身地方には派遣されなかったので,地方の事情に暗いため,政務は郷吏にゆだねられた。その結果,彼らは官威を笠に着て,地方官僚とも結託して民衆を誅求し,私腹を肥やした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android