胴差し(読み)ドウサシ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胴差し
どうざし

二階建ての木造建築において、上階と下階の間に入れる横材。二階床張りの荷重を受けると同時に、通し柱を連絡して建物の胴体を固める。上下の管柱(くだばしら)が、これにほぞ差(ざ)しにして金物などで補強されてつながり、間柱(まばしら)も取り付けられる。民家では、しばしば指鴨居(さしかもい)形式として用いられる。また、主として庇(ひさし)を支える軒桁(のきげた)を受ける腕木で、その他端が貫(ぬき)状となって柱を貫き、ほかの柱に及ぶものをさす。[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android