コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴差し ドウサシ

リフォーム用語集の解説

胴差し

木造建築の、2階建平側軸組の2階床位置に用いる木材の事。上下階のを緊結し、2階の壁を支えたり梁を支えたりする。一般的に、幅は柱と同じがよく、せいは上部荷重や下部の柱の間隔を考え、構造計算によって決まる。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胴差し
どうざし

二階建ての木造建築において、上階と下階の間に入れる横材。二階床張りの荷重を受けると同時に、通し柱を連絡して建物の胴体を固める。上下の管柱(くだばしら)が、これにほぞ差(ざ)しにして金物などで補強されてつながり、間柱(まばしら)も取り付けられる。民家では、しばしば指鴨居(さしかもい)形式として用いられる。また、主として庇(ひさし)を支える軒桁(のきげた)を受ける腕木で、その他端が貫(ぬき)状となって柱を貫き、ほかの柱に及ぶものをさす。[中村 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

胴差しの関連キーワード横架材木構造中村

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android