胸腔穿刺(読み)きょうくうせんし(英語表記)thoracocenthesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胸腔穿刺
きょうくうせんし
thoracocenthesis

胸膜穿刺ともいう。診断や治療のために胸腔内に注射針あるいはチューブを直接挿入する方法。胸腔は,胸壁の内側面と,肺の表面をおおう2重になった胸膜に囲まれた間隙で,ここに気体や液体が貯留して肺が収縮すると呼吸機能が阻害される。気胸,血胸,膿胸胸膜炎などの際にはそういう症状が起きることが多いため,この胸腔穿刺で診断するとともに貯留した内容を排除し,肺の伸展と胸腔内の清浄化をはかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android