コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸膜中皮腫 きょうまくちゅうひしゅ

家庭医学館の解説

きょうまくちゅうひしゅ【胸膜中皮腫】

 胸腔(きょうくう)に胸水(きょうすい)がたまるのは肺がんによることが多いのですが、悪性胸膜中皮腫でも胸水がたまります。
 胸膜中皮腫という病気には良性と悪性があります。良性胸膜中皮腫というのは、腫瘍が胸腔いっぱいに広がらず、部分的に発育するもので、限局性胸膜中皮腫(げんきょくせいきょうまくちゅうひしゅ)ともいいます。良性ですから、胸腔に胸水がいっぱいたまることはありません。
 手術で切除しますが、その成績はよく、怖い病気ではありません。
 問題は、悪性胸膜中皮腫です。胸水の中に、がん細胞がたくさんみられ、胸壁や肺の表面にも腫瘍が広がっています。
 手術で、胸膜も肺も全部摘出しますが、それでもよい結果はえられません。抗がん剤を温熱療法とともに使用しますが、その効果はほとんど期待できません。

出典 小学館家庭医学館について 情報

胸膜中皮腫の関連キーワード石綿肺(症)胸膜腫瘍制癌剤

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胸膜中皮腫の関連情報