コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸膜中皮腫 きょうまくちゅうひしゅ

1件 の用語解説(胸膜中皮腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きょうまくちゅうひしゅ【胸膜中皮腫】

 胸腔(きょうくう)に胸水(きょうすい)がたまるのは肺がんによることが多いのですが、悪性胸膜中皮腫でも胸水がたまります。
 胸膜中皮腫という病気には良性と悪性があります。良性胸膜中皮腫というのは、腫瘍が胸腔いっぱいに広がらず、部分的に発育するもので、限局性胸膜中皮腫(げんきょくせいきょうまくちゅうひしゅ)ともいいます。良性ですから、胸腔に胸水がいっぱいたまることはありません。
 手術で切除しますが、その成績はよく、怖い病気ではありません。
 問題は、悪性胸膜中皮腫です。胸水の中に、がん細胞がたくさんみられ、胸壁や肺の表面にも腫瘍が広がっています。
 手術で、胸膜も肺も全部摘出しますが、それでもよい結果はえられません。抗がん剤温熱療法とともに使用しますが、その効果はほとんど期待できません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

胸膜中皮腫の関連キーワード胸腔供す狂酔供水胸水空教導水橋驚懼京水橋水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胸膜中皮腫の関連情報