コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能恵法師絵巻 のうえほうしえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能恵法師絵巻
のうえほうしえまき

東大寺の僧能恵得業が,生前の大願大般若経書写の業を果すため,冥界よりよみがえったという仏教説話を描いた絵巻。 13世紀前半の作。紙本着色,1巻。広隆寺蔵。絵は墨の線描を主体に淡彩を加えたもの。画中に対話や説明の辞句を書込み,詞書と続けて物語を進行させているのが特色。現存の1巻は脱落が多く,このほか能恵法師の地獄めぐり蘇生を描いた部分があったと考えられる。また第2段に続く残欠1葉が寺外に伝来している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

能恵法師絵巻の関連キーワード東大寺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android