コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能恵法師絵巻 のうえほうしえまき

1件 の用語解説(能恵法師絵巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能恵法師絵巻
のうえほうしえまき

東大寺の僧能恵得業が,生前の大願『大般若経』書写の業を果すため,冥界よりよみがえったという仏教説話を描いた絵巻。 13世紀前半の作。紙本着色,1巻。広隆寺蔵。絵は墨の線描を主体に淡彩を加えたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能恵法師絵巻の関連キーワード三大仏大般若経大般若経会岐阜県岐阜市芥見大般若京都府京都市西京区下津林東大般若町基蔵正進能恵《大般若経》《大般若波羅蜜多経》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone