コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能文 ノウブン

デジタル大辞泉の解説

のう‐ぶん【能文】

文章に巧みなこと。また、その文章。「能文家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうぶん【能文】

文章が巧みなこと。また、その文章。 「五郎作の-は此手紙一つに徴して知ることが出来るのである/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

能文の関連キーワード嚢・囊・悩・惱・曩・濃・納・能・脳・腦・膿・農ブライアン・R. ウィルソン神奈川県横浜市中区万代町加能 作次郎メンディエタブレズナン倉敷音楽祭田中 緑紅三橋 達也志磨 八郎足立 克己家元制度足立克己守屋 毅ハリデー日本劇場国立劇場渋江抽斎光格天皇安積澹泊

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能文の関連情報