脂肪エネルギー比率(読み)しぼうエネルギーひりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脂肪エネルギー比率
しぼうエネルギーひりつ

摂取エネルギーに占める脂肪エネルギーの割合のこと。この脂肪エネルギー比率は,栄養所要量で成人では男女とも 20~25%が望ましい範囲となっている。ところが,1990年2月に発表された 88年の国民栄養調査結果では,現代日本人の食生活では脂肪の摂取量が増え,適正比率の上限 25%を超え,25.5%に達していることが明らかになった。アメリカでは 40%を超えているが,脂肪の過剰摂取は動脈硬化心臓病をはじめ循環器系の病気とのかかわりがよく知られている。健康を守る食生活の在り方として,エネルギーの質に注意を払うことが求められ,脂肪 (特に動物性脂肪) の摂取には注意信号がともり始めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android