コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈絡叢乳頭腫 みゃくらくそうにゅうとうしゅchoroid plexus papilloma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脈絡叢乳頭腫
みゃくらくそうにゅうとうしゅ
choroid plexus papilloma

良性脳腫瘍の一種で,脳脊髄液を生成する脈絡叢から発生する。腫瘍が脳室内にあり,発育が遅いため,発見されたときにはかなりの大きさになっていることが多い。症状は頭囲拡大,頭痛,吐き気嘔吐などで,出現後数週間から数ヵ月間で悪化することが多い。診断は CTスキャンによって安全かつ容易に行われる。早期に手術で摘出すれば経過はよい。この腫瘍によって髄液が過多となり,水頭症を起すこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

脈絡叢乳頭腫の関連キーワード神経膠腫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android