コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊椎のしくみ せきついのしくみ

1件 の用語解説(脊椎のしくみの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せきついのしくみ【脊椎のしくみ】

 背骨(せぼね)(脊柱(せきちゅう))は、頸椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)、仙椎(せんつい)、尾骨(びこつ)で成り立っており、その中心を脊髄(せきずい)が通っています。
 脊柱を構成する一個一個の骨を椎骨(ついこつ)といい、椎体と椎体の間に、椎間板(ついかんばん)と呼ばれる軟骨がはさまっていて、上下の椎体の連結とクッションの役割をはたしています。
 椎体には、羽のような形をした椎弓(ついきゅう)という骨がついており、上下の椎体をつなぐ鉤(かぎ)のような役目をしています。
 椎弓と椎弓の間には、椎間孔(ついかんこう)という孔(あな)があり、脊髄から枝分かれした神経がここを出て、からだの末端へのびています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

脊椎のしくみの関連キーワード脊柱背骨石柱脊柱管脊梁脊柱後湾脊柱前湾脊柱側湾症仙椎

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone