コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脚摩乳・手摩乳 あしなずちてなずち

1件 の用語解説(脚摩乳・手摩乳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あしなずちてなずち【脚摩乳・手摩乳】

記紀の神話に素戔嗚尊(すさのおのみこと)の大蛇退治譚に出てくる夫婦の神。大山祇神(おおやまつみのかみ)の子とされる。大蛇の犠牲に供されようとした奇稲田姫(くしなだひめ)の父母。娘の手足をなでいつくしむ意味の命名であろう。8人の娘を毎年大蛇に食われひとり残ったクシナダヒメがスサノオの力で救われる。スサノオがクシナダヒメと結婚したさい,この2神に稲田宮主須賀之八耳神(いなだのみやぬしすがのやつみみのかみ)の名を授けたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脚摩乳・手摩乳の関連キーワード八王子日御碕神社畔放ち天つ罪祇園の神簸川伊弉諾尊曽尸茂梨天津彦根命枛津姫命

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone