脛脛(読み)すねはぎ

精選版 日本国語大辞典「脛脛」の解説

すね‐はぎ【脛脛】

〘名〙 (「すね」と「はぎ」は同じ意) 足の脛(すね)。すねっぱぎ。
※虎明本狂言・萩大名(室町末‐近世初)「いつもそれがしをしからせらるるおりは、すねはぎののびたなりでと仰らるる程に」

すねっ‐ぱぎ【脛脛】

〘名〙 「すねはぎ(脛脛)」の変化した語。
※浄瑠璃・曾我会稽山(1718)一「乗物やれ、参れと伝へて八枚がた歩徒(かち)脚脛(スネッハギ)、やっこらさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android