脛/臑(読み)スネ

精選版 日本国語大辞典の解説

はぎ【脛】

〘名〙
① 足の膝から下、踝(くるぶし)から上の部分の称。すね。
※正倉院文書‐天平一二年(740)越前国江沼郡山背郷計帳「男江沼臣族真橋、年拾玖、中男 右足波岐疵」
徒然草(1331頃)八「久米の仙人の、物あらふ女のはぎの白きを見て、通を失ひけんは」
② ①に似た、鳥獣脚部をいう。
古今著聞集(1254)二〇「石見守宗季、唐の鷹をまうけたりける。はぎたかくて尾みじかくして、よのつねのにも似ざりけり」
[補注]上代から膝と足首の間の名称として用いられてきたが、中世には文語性が強くなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android