コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱政党化 だつせいとうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱政党化
だつせいとうか

有権者が既存の政党全般に対して失望して政党ならびに政党制度に対して信頼感を失っていく現象。その結果,無党派層が次第に増加する。アメリカや日本では 1970年代初頭までは,無党派層は政治的無関心有権者群であると考えられていたが,その後政治的関心が高いが既存の政党に失望してどの政党も支持することを拒否してしまう有権者群の存在が発見された。そのなかには政治システム自体を拒否してしまうような「政治的疎外」の強い有権者もいるが,多くの無党派層は既存の政党には失望しているものの政治システムは認め,期待できるような新たな政党や無所属の候補者が現れれば,選挙ではその政党や候補者に投票する傾向を示す。脱政党化現象によって一般に選挙での棄権がふえ,投票率は低くなるが,上述のように新党や無党派への投票という形で既存の政党への不信の表明になる場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

脱政党化の関連情報