コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱産業化社会 だつさんぎょうかしゃかいpost-industrial society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱産業化社会
だつさんぎょうかしゃかい
post-industrial society

産業化 (工業化) の果て (後) に現れるとされる社会。 D.ベルなどの論者が,その特徴を研究した。脱産業社会の主な特徴としては,物財の生産が経済の中心であった社会から,情報や知識を扱う産業が中心的な位置を占める社会へと変化すること,この変化に並行してサービス業労働人口が圧倒的に増大することなどがあげられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

脱産業化社会の関連キーワードインダストリアリズム脱工業化社会情報社会福祉社会産業化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脱産業化社会の関連情報