脱産業化社会(読み)だつさんぎょうかしゃかい(英語表記)post-industrial society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱産業化社会
だつさんぎょうかしゃかい
post-industrial society

産業化 (工業化) の果て (後) に現れるとされる社会。 D.ベルなどの論者が,その特徴を研究した。脱産業社会の主な特徴としては,物財の生産が経済の中心であった社会から,情報や知識を扱う産業が中心的な位置を占める社会へと変化すること,この変化に並行してサービス業労働人口が圧倒的に増大することなどがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脱産業化社会の関連情報