コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱酸剤 だっさんざいdeoxidizing flux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱酸剤
だっさんざい
deoxidizing flux

溶融金属 (溶湯) に添加して酸素を除去する造滓溶剤。溶湯には多くの気体元素が溶け込むが,なかでも酸素は金属酸化物となって凝固後まで残り,金属の性質を悪くする原因となることが多い。それで脱酸剤としては,溶湯金属より酸素に対する親和力が強く優先的に酸化物をつくり,それが軽くて溶湯面に滓化して浮くものが選ばれる。鉄鋼の溶錬ではフェロマンガン,フェロシリコンなどの合金鉄や金属アルミニウム,カルシウムシリコン合金などが用いられ,銅ではリン銅,ベリリウム,リチウムケイ素,カルシウム剤,および造滓脱酸剤ではないが木炭末が用いられる。その他すべての金属を通じ,一酸化炭素,水素などは脱酸剤とはいわないまでも,それによる還元は脱酸処理であるし,真空溶解はさらに徹底した脱ガス処理である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

脱酸剤の関連キーワード炭化カルシウムフェロアロイジルコニウムセミキルド鋼アーク溶接真空鋳造リン青銅ギルド鋼キルド鋼無酸素銅レール炭素鋼包丁鉄脱酸銅ホウ素鏡銑青銅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android