コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真空溶解 しんくうようかい vacuum smelting

3件 の用語解説(真空溶解の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真空溶解
しんくうようかい
vacuum smelting

真空中または低圧のアルゴンヘリウムなどの不活性ガス雰囲気中で金属材料を溶解し,不純物の解離揮発を促して高純度材料を得る精製法。溶解には電気抵抗炉高周波誘導炉アーク炉電子ビーム溶解などが用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

真空溶解【しんくうようかい】

真空容器内で金属の溶解を行うこと。空気による金属の汚染を防ぎ,脱ガス,有害成分除去を行う。微量のガスや混入非金属などに影響され,空気中では酸化物や窒化物になりやすい合金成分を含む特殊鋼,耐熱合金磁性材料などの溶解に利用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんくうようかい【真空溶解 vacuum melting】

真空容器内で金属材料を溶解する方法。真空で溶解することにより,脱酸素,脱水素,脱窒素などの脱ガス,蒸気圧の高い不純物元素の除去,非金属介在物の低減などが可能となり,高温での品質が重要である耐熱材料,耐用寿命や信頼性が要求される高品質材料の溶解や鋳造に使用される。真空溶解法には誘導炉法,アーク炉法,電子ビーム炉法などがある。真空誘導溶解法では,10-1~10-3mmHgまたは不活性ガス雰囲気の真空容器内に設置された誘導炉で金属を溶解し,鋳造する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真空溶解の関連キーワード真空蒸発真空度トリチェリの真空真空冶金高真空完全真空真空解凍真空凍結乾燥真空冷却電気炉法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone