コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶錬 ようれんsmelting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶錬
ようれん
smelting

鉱石の製錬あるいは粗金属の精製を,溶解状態で実現させる方法をいう。その間の反応によって還元溶錬と酸化溶錬に分けられる。鉄鋼の製錬を例にとると,高炉酸化鉄鉱石から銑鉄を得るのは還元溶錬であるが,平炉転炉製鋼過程は銑鉄中の炭素,ケイ素,リンなどの不純物を酸化して除去するのだから酸化溶錬である。同じ溶鉱炉でも銅の場合は,原鉱が鉄を多分に含む硫化鉱で,その硫化鉄を酸化して鉱滓化するので酸化溶錬であり,鉛の場合は酸化焙焼鉱を還元するのだから還元溶錬である。それぞれの場合に応じ,燃料,造滓溶剤,還元剤,風量ないし酸素量は,正確に計算して装入しなければならない。高圧空気または酸素を送って操業する場合は吹錬という語もよく使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

溶錬の関連キーワードたたらぶき(踏鞴吹)LD転炉法青銅器時代金属の製錬乾式製錬アーク炉鉄器時代金属工芸反射炉ガーン焼結鉱青化法脱酸剤生鉱吹マット冶金スズ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android