溶錬(読み)ようれん(英語表記)smelting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶錬
ようれん
smelting

鉱石の製錬あるいは粗金属の精製を,溶解状態で実現させる方法をいう。その間の反応によって還元溶錬と酸化溶錬に分けられる。鉄鋼の製錬を例にとると,高炉酸化鉄鉱石から銑鉄を得るのは還元溶錬であるが,平炉転炉製鋼過程は銑鉄中の炭素,ケイ素,リンなどの不純物を酸化して除去するのだから酸化溶錬である。同じ溶鉱炉でもの場合は,原鉱が鉄を多分に含む硫化鉱で,その硫化鉄を酸化して鉱滓化するので酸化溶錬であり,の場合は酸化焙焼鉱を還元するのだから還元溶錬である。それぞれの場合に応じ,燃料,造滓溶剤,還元剤,風量ないし酸素量は,正確に計算して装入しなければならない。高圧空気または酸素を送って操業する場合は吹錬という語もよく使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android