コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳腫瘍の手術法 のうしゅようのしゅじゅつほう

1件 の用語解説(脳腫瘍の手術法の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

のうしゅようのしゅじゅつほう【脳腫瘍の手術法】

 脳腫瘍の手術では、顕微鏡を使い、手術をする部位を数倍に拡大して行なうマイクロサージェリー(顕微鏡下手術(けんびきょうかしゅじゅつ))が行なわれます。これによって、肉眼では見えないような細い血管や神経を傷つけずに手術ができるようになっています。
 脳の表面に超音波を当て、腫瘍のある正確な位置を画面に描きだし、これを見ながら手術することもあります。
 振動を与えて腫瘍を破壊し、吸い上げる超音波外科用吸引装置を使って治療することもあります。
 そのほか、いろいろなモニター装置などを使い、正常な組織には損傷を与えないで腫瘍を摘出することが可能になっています。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone