コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳腫瘍の手術法 のうしゅようのしゅじゅつほう

1件 の用語解説(脳腫瘍の手術法の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

のうしゅようのしゅじゅつほう【脳腫瘍の手術法】

 脳腫瘍の手術では、顕微鏡を使い、手術をする部位を数倍に拡大して行なうマイクロサージェリー(顕微鏡下手術(けんびきょうかしゅじゅつ))が行なわれます。これによって、肉眼では見えないような細い血管や神経を傷つけずに手術ができるようになっています。
 脳の表面に超音波を当て、腫瘍のある正確な位置を画面に描きだし、これを見ながら手術することもあります。
 振動を与えて腫瘍を破壊し、吸い上げる超音波外科用吸引装置を使って治療することもあります。
 そのほか、いろいろなモニター装置などを使い、正常な組織には損傷を与えないで腫瘍を摘出することが可能になっています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

脳腫瘍の手術法の関連キーワード顕微鏡光学顕微鏡手術脳腫瘍マイクロサージェリー膠芽腫乳房温存手術位相差顕微鏡検査法蛍光顕微鏡法光学顕微鏡検査法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone