コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説苑 ぜいえんShui-yuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

説苑
ぜいえん
Shui-yuan

中国の歴史故事集。漢の劉向 (りゅうきょう) の編。古来説話寓話逸話などを集め,その間に教訓的な議論をはさんだもの。儒教的な理念によって歴史,政治を解釈しており,当時すでに儒教が普及していたことを示している。 50編あったが,大部分が散逸し,現在は曾鞏 (そうきょう) が復元した 20巻に拠っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

説苑【ぜいえん】

中国,前漢の劉向(りゅうきょう)の編になる,君主を戒めるための前賢先哲の故事・伝説集。20巻。散逸していたのを,宋の曾鞏(そうきょう)が復元した。内容・体裁ともに同著者の《新序》に類似する。平安時代に日本にも伝わった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぜいえん【説苑】

中国、前漢代の説話集。二〇巻。劉向りゆうきよう編。儒教的立場から様々の伝説・故事を収録。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

説苑
ぜいえん

中国古代、前漢末の学者劉向(りゅうきょう)の撰(せん)。書名。20巻。前賢先哲の逸話を記録したもので、君道、臣術などの20篇(ぺん)からなり、一篇を一巻とし各篇の初めに序説があり、その後に逸話を列挙している。『説苑』は、元来が先秦(せんしん)および漢代の書物から「天子を戒(いまし)め」るに足る遺聞逸事を採録したもので、現存する諸子百家の書とかなり重複している。しかし、すでに逸してしまって本書にしかみえないものもあり、今日からみれば貴重な古代説話集である。[町田三郎]
『高木友之助訳『説苑』(1969・明徳出版社・中国古典新書) ▽飯倉照平訳『中国古典文学大系6 説苑(抄)他』(1975・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

説苑の関連キーワード乱りに与うるは物を溝壑に遺棄するに如かず病は少しく癒ゆるに加わる前車の覆るは後車の戒め廉士は人を恥じしめず巧詐は拙誠に如かず水積もりて川を成す渇に臨みて井を穿つ駟馬も追う能わず針を以て地を刺す歯亡び舌存す間髪を容れず田中貢太郎原田 淑人村松梢風趙氏孤児城狐社鼠白竜魚服屋烏の愛少正卯関元洲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android