コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎形態異常のいろいろ じんけいたいいじょうのいろいろ

1件 の用語解説(腎形態異常のいろいろの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じんけいたいいじょうのいろいろ【腎形態異常のいろいろ】

 腎臓(じんぞう)の形の異常には、①数および大きさの異常、②形態そのものの異常、③位置の異常があります。
 いずれも、母親のおなかの中で、腎臓ができてくる途中でおこります。
①数および大きさの異常
 腎臓は左右1個ずつあり、後腹膜腔(こうふくまくくう)という空間の、第11胸椎(きょうつい)から第3腰椎(ようつい)の間にあって、右のほうが約1.5cm低い位置にあります。
 1個の腎臓がまったく形成されない腎無形成(じんむけいせい)や、形成されたけれども、大きさや形が小さい腎低形成(じんていけいせい)という異常があります。
 もし、両側の腎臓が異常であれば、生後まもなく尿毒症(にょうどくしょう)で死亡します。
②形態そのものの異常
 胎児(たいじ)である初期に、左右の腎臓が融合してしまうことがあります。できあがった形によって、馬蹄鉄腎(ばていてつじん)、融合性骨盤腎(ゆうごうせいこつばんじん)(ケーキ腎、ランプ腎)、交叉性融合腎(こうさせいゆうごうじん)(S型腎、L型腎)と呼ばれています。
 このなかでは、馬蹄鉄腎がもっとも多くみられ、異常なものの90%が下の端で融合しています。
 形態異常のある腎臓では、尿の停滞がおこりやすく、水腎症(すいじんしょう)や腎臓結石(じんぞうけっせき)、感染症を合併することがあります。
③位置の異常
 胎児のときに、腎臓は腎盂(じんう)面を脊柱(せきちゅう)のほうに向けるように回転しながら上昇し、妊娠の第8~9週に、正常な位置に達します。
 このとき、正常に回転しない回転異常腎(かいてんいじょうじん)や、上昇がおこらない腎変位(じんへんい)(骨盤腎(こつばんじん))といった異常がおこります。
 位置の異常や、回転の異常があっても、なんらかの症状がなければ、ほとんど見つからずに、一生を終わってしまいます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

腎形態異常のいろいろの関連キーワード人工腎臓腎臓水腎症腎臓炎腎臓結石腎臓病角膜腎臓移植法腎臓形腎臓症腎臓状鉄鉱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone