腱損傷(読み)けんそんしょう(英語表記)tendon injury

世界大百科事典 第2版の解説

けんそんしょう【腱損傷 tendon injury】

外力などによって,腱に断裂などの損傷をきたすこと。筋肉の収縮力を骨格系に伝える強靱な繊維の束なので,これが損傷をうけると運動に支障をきたす。完全に断裂すると筋肉の力がまったく作用できなくなるから,その筋肉の働く運動のみが不可能になる。このことは逆にどの腱が切れているかを診断するのに役に立つわけである。腱損傷は直接の外力(刃物で切る,ガラスの中に突っ込むなど)で切れることも多いが,関節の安定性に破綻(はたん)を生ずるような力が間接的に作用して断裂すること,つまり瞬間的な急激な筋収縮で切れることもある(アキレス腱断裂など)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腱損傷の関連情報