コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸カピラリア症 ちょうかぴらりあしょうIntestinal Capillariasis, Intertinal Capillariosis

1件 の用語解説(腸カピラリア症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ちょうかぴらりあしょう【腸カピラリア症 Intestinal Capillariasis, Intertinal Capillariosis】

[どんな病気か]
 フィリピン毛頭虫(もうとうちゅう)という線虫(せんちゅう)が感染し、小腸(しょうちょう)と大腸(だいちょう)の粘膜(ねんまく)に寄生しておこる病気です。日本でも1981年以降、数例の報告があります。
 感染原因はまだ明らかではありませんが、川魚を生(なま)で食べて感染するのではないかと推測されています。川魚を生で食べないことが予防になります。
 症状は、腹痛で始まり、その後、激しい水様性の下痢(げり)がおこります。さらに進むと食欲がなくなり、栄養失調をきたします。自家感染(じかかんせん)(からだの中で増えていくこと)しますから、放置しておくと死亡することもあります。
 検査で虫卵(ちゅうらん)、幼虫、成虫が見つかれば診断がつきます。
[治療]
 チアベンダゾールを4週間、またはメベンダゾールを3週間内服します。水分の補給とともに、高たんぱくなど、栄養分の補給も必要です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone