コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養失調 エイヨウシッチョウ

百科事典マイペディアの解説

栄養失調【えいようしっちょう】

食事からの栄養素の供給が不十分,もしくは吸収障害や体内での利用障害,体組織の崩壊などによって栄養素の欠乏した状態。栄養障害と同義語。発育不良,やせ,浮腫,下痢,貧血,低血圧,体温低下,感染抵抗力低下,皮膚蒼白(そうはく)および疲労感,無気力などを伴う。
→関連項目飢餓田端義夫腹水

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

栄養失調

 栄養失調症ジストロフィー異栄養異栄養症栄養不全栄養不良ともいう.栄養素の摂取,栄養素の代謝などの異常.一般に食欲不振,やせ,浮腫,疲労,全身倦怠感,無気力,下痢,低血圧,徐脈,低体温などが見られる.dystrophyという語は,特定の器官や組織の栄養不全による縮退にも使う.例えば筋ジストロフィーは筋肉の縮退.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいようしっちょう【栄養失調 dystrophy】

栄養の摂取が慢性的に不十分で,成長・発育や体の維持に必要なカロリー(熱量)および栄養素が欠乏した状態をいう。体重減少,発育障害とともに種々の栄養欠乏症状があらわれる。第2次大戦中および終戦後の食糧事情のきわめて悪かった時代に日本でも多数の人々が栄養失調となり,この言葉が一般に知られるようになった。最近アフリカ,中南米,東南アジアの発展途上国の一部で,極端な食糧不足により多数の人々が飢え,国民の大多数がこの栄養失調の状態におちいっており,深刻な問題となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいようしっちょう【栄養失調】

摂取する栄養素の不足あるいは過剰によって起こるからだの異常状態。むくみ・疲れ・だるさや皮膚が青白くなるなどの症状が出る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の栄養失調の言及

【乳児栄養障害】より

…以後おもにドイツ学派ではこの病名が用いられてきたが,アメリカ学派では乳児下痢症と栄養障害とは別々の概念でとらえる考え方が主流をなしている。また乳児栄養障害を急性栄養障害と慢性栄養障害とに分ける考え方もあるが,前者の乳児の急性栄養障害とは急性消化不良症あるいは急性乳児下痢症を指すものであり,慢性栄養障害とは乳児の栄養失調malnutritionを意味している。したがって最近では乳児栄養障害という病名を用いることは少なくなり,それぞれ乳児下痢症,栄養失調症という病名を用いる場合が多い。…

※「栄養失調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

栄養失調の関連キーワードスペランスキー(Aleksey Dmitrievich Speranskiy)アレクセイ スペランスキータンパク質アルブミン桜井5歳児虐待死事件厚木の男児放置死事件無鉤条虫・無鈎条虫七尾強制連行訴訟クワシオルコール尖閣列島遭難事件クワシオルコルクワシオコール吸収不良症候群ソマリア飢饉壊疽性口内炎新型栄養失調栄養失調太り乳児栄養障害カウプ指数山口 良忠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栄養失調の関連情報