コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線虫 センチュウ

4件 の用語解説(線虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐ちゅう【線虫】

線虫綱の袋形動物の総称。体はクチクラに覆われ、糸状・ひも状で、体長1ミリから数メートルに及ぶ。植物や動物に寄生するもの、土中にすむものなどがある。回虫蟯虫(ぎょうちゅう)糸状虫・根腐れ線虫・根瘤(ねこぶ)線虫など種類が多い。ネマトーダ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

線虫

 線形動物門の一綱.動物に寄生するもの,植物に寄生するもの,それ以外のものがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

線虫

線形動物門に属する生物の総称。体は細長い糸状・筒状で、透明であることが多い。体長は通常0.5~4ミリだが、数メートルになる種もある。約1万種が確認されているが、地球全体で50万種ほどが存在すると推定されている。土壌・水・海水などほとんどあらゆる場所に生息し、昆虫などの無脊椎(せきつい)動物、植物、人間を含む脊椎動物に寄生するものもいる(回虫、ギョウ虫など)。ネグサレセンチュウマツノザイセンチュウなど農作物や樹木に被害を与えるものもあり、農林業においては線虫対策が重要となっている。2015年3月、九州大学らの研究チームは、線虫ががんのにおいに引き寄せられることを利用し、尿1滴でがんを診断できる手法を開発したと発表した。

(2015-3-13)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

線虫
せんちゅう
nematode

線形動物門Nematodaの総称。ネマトーダともいう。体は糸状あるいは円筒状で体節に分かれず、体表はクチクラに覆われて棘(とげ)や剛毛などをもつものもある。消化器は頭端の口に始まり、筋肉質の咽頭(いんとう)とそれに続く細長い腸が体を縦走し、尾端近くの肛門(こうもん)に終わる。雌雄異体で、雌のほうが大きく、雄の尾端は湾曲している。生殖器は管状で、雌の生殖孔は独立して腹側に開くが、雄の生殖孔は肛門といっしょ(総排出腔(こう))になっている。種類によっては発育環の一時期雌だけとなり単為生殖をし、世代交代を行うものもある。幼虫は4回脱皮して成虫になるが、脱皮と脱皮との間に成長する。
 線虫は地球上のあらゆる所に生息し、その生活様式も変化に富む。自活線虫は海洋、淡水、土壌中で腐敗有機物、細菌、ほかの動植物などを食物とし、極地や高山、温泉や酢の中でも生活する。土壌線虫のシーエレガンスCaenorhabditis elegans(体長1ミリメートル)は、卵から成虫までの細胞の分裂パターンや組織への分化のしくみが解読され、実験生物学の重要な材料になっている。寄生線虫は動物と植物に寄生するが、まれに動物と植物に交互に寄生する種類もみられる。
 動物寄生線虫は無脊椎(むせきつい)動物(昆虫が多い)から脊椎動物に寄生し、寄生部位もいろいろで、ヒトや家畜の疾病の原因となる鉤虫(こうちゅう)、回虫、蟯虫(ぎょうちゅう)、糸状虫、鞭虫(べんちゅう)などを含む。また、植物寄生線虫はネコブセンチュウ、ネグサレセンチュウ、シストセンチュウ、マツノザイセンチュウなど農作物や樹木に被害を与える種類も少なくないが、有害昆虫の天敵として利用されるものもある。寄生線虫には発育環の一時期に自活生活をしたり、中間宿主をもつものもある。自活および植物寄生線虫は一般に小さく、体長は普通0.5~4ミリメートルであるが、海産種には5センチメートルに達するものもある。動物寄生線虫は体長1ミリメートルに満たないものから、腎虫(じんちゅう)やメジナ虫の雌のように体長1メートルを超えるもの、マッコウクジラの胎盤に寄生するプラセントネマ属Placentonemaの雄の体長2~4メートル、雌6~9メートルになるものまである。
 線虫は海洋の祖先型を起源として、淡水や陸上に広がったと考えられる。しかし、現在陸上に生息する線虫は海洋や淡水の祖先型から過去何回となく進化を繰り返し、また淡水型のなかには陸上型に由来するもの、陸上型から逆に海洋型に戻ったものもある。一方、寄生型も海洋、淡水あるいは陸上型から何回となく寄生への適応が繰り返され、現在のような寄生線虫が成立したと思われる。このため線虫類の系統分類は非常にむずかしく、いまなお一定していない。
 現在、約1万種の線虫が知られているが、地球上にはおそらく50万種以上の線虫が生息していると推定される。個体数もまたきわめて多く、腐ったリンゴ1個に9万匹、6~7ccの土壌中に36種1000匹の線虫がいるという記録がある。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

線虫の関連キーワード鉤虫袋形動物腹毛類鞭虫線形動物輪形動物輪虫鉤頭虫線形虫円虫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

線虫の関連情報