コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹菌目 ふくきんもくGasteromycetales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹菌目
ふくきんもく
Gasteromycetales

担子菌類を分類するうえで,グレバ glebaすなわち担子胞子を形成する組織が,何層かの外皮に包まれたまま完熟してのち,その外皮が裂けたり,開口して胞子を外に出すような子実体を形成するものをいう。マツタケなどのように子実体のひだの表面に担子器を生じるもの,サルノコシカケのように子実体に生じる管孔の内面にグレバを生じるもの,ホウキタケのように子実体の表面にグレバを生じるものなどに対して設けられた分類群である。ホコリタケチャダイゴケスッポンタケなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

腹菌目の関連キーワードキツネノタイマツ(狐の松明)エリマキツチガキ(襟巻土柿)キツネノロウソク(狐の蝋燭)キツネノエフデ(狐絵筆)キヌガサタケ(衣笠茸)クチベニタケ(口紅茸)ニセショウロ(贋松露)サンコタケ(三鈷茸)カニノツメ(蟹の爪)スッポンタケ(鼈茸)ホコリタケ(埃茸)オニフスベ(鬼瘤)イカタケ(烏賊茸)ツマミタケ(抓茸)ノウタケ(脳茸)ショウロ(松露)カゴタケ(籠茸)ツチグリ(土栗)マツタケ目カゴタケ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android