膈噎(読み)かくいつ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「膈」は食物が胸につかえて吐く病気。「噎」は食物が喉(のど)につかえて吐く病気) 胃癌または、食道癌の類という。かくやみ。かくやまい。〔書言字考節用集(1717)〕
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「俗物も当推量にいふてな。隔噎(カクイツ)翻胃(ほんい)なる者は、なかなか又大に異なるものだて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の膈噎の言及

【癌】より

… 日本では,江戸時代に癪(しやく)・積聚と呼ばれた内科疾患に,胃癌のような悪性腫瘍が含まれていたと思われる。膈噎(かくいつ)といわれた食道狭窄症には食道癌もあったし,舌疽(ぜつそ)といわれたものはほとんどが舌癌であったと思われるが,江戸時代にもはっきり認識されていたのは,華岡青洲の麻酔手術で名高い乳癌であった。また1915年に山極勝三郎と市川厚一がウサギの耳にタールを塗って皮膚癌の発生に世界で初めて成功したことは注目される。…

※「膈噎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android