膠原病肺で入院が必要な場合(読み)こうげんびょうはいでにゅういんがひつようなばあい

家庭医学館の解説

 膠原病肺検査治療にあたっては、感染出血発熱などのトラブルが多く、全身を管理する必要があるため、入院が必要になります。
 診断がついて、病状が安定しているあいだは、外来で診察して経過をみていれば十分です。しかし、この場合も、急に悪化したり再燃したときの緊急入院に備え、かならず病院を確保し、準備をしておくことが重要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android