コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膠原病肺で入院が必要な場合 こうげんびょうはいでにゅういんがひつようなばあい

家庭医学館の解説

こうげんびょうはいでにゅういんがひつようなばあい【膠原病肺で入院が必要な場合】

 膠原病肺の検査や治療にあたっては、感染出血発熱などのトラブルが多く、全身を管理する必要があるため、入院が必要になります。
 診断がついて、病状が安定しているあいだは、外来で診察して経過をみていれば十分です。しかし、この場合も、急に悪化したり再燃したときの緊急入院に備え、かならず病院を確保し、準備をしておくことが重要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android