コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膳王 かしわでのおう

2件 の用語解説(膳王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

膳王 かしわでのおう

?-729 奈良時代,長屋王の王子。
母は吉備(きびの)内親王。神亀(じんき)元年(724)従四位下をさずけられる。長屋王の変に連座して,母とともに神亀6年2月12日自殺した。「万葉集」に歌1首がおさめられている。膳夫王,膳部王ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

膳王

没年:天平1.2.12(729.3.16)
生年:生年不詳
奈良時代の皇族。膳夫王,膳部王とも書く。母は吉備内親王(草壁皇子の娘),父は長屋王。長屋王と吉備内親王とが天平1(729)年,謀反の疑いをかけられ自尽させられたときに,同じく自縊したという。『万葉集』には前年難波宮に聖武天皇が行幸したときの歌が残され(巻6),また膳王の死を悲しんだ歌もある(巻3)。膳王は霊亀1(715)年,吉備内親王の他の王(葛木王,鉤取王)と共に,内親王の子であることを理由に皇族あつかいにすることが勅によって定められた。ひとつの考え方としては,時の天皇であった元明の意志として,この3王から皇位継承者を選び,藤原氏が推した首皇子(のちの聖武天皇)に対抗させようとしたものかともいわれている。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膳王の関連キーワード膳部膳夫別業礒部王門部王境部王橘文成美濃王三原王六人部王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone