コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膳菩岐岐美郎女 かしわでの ほききみのいらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

膳菩岐岐美郎女 かしわでの-ほききみのいらつめ

?-622 飛鳥(あすか)時代,聖徳太子の妃。
膳傾子(かたぶこ)の娘。推古(すいこ)天皇6年(598)太子とむすばれ,4男4女を生む。病床の太子を看病中,病にたおれ,太子の没する前日,30年2月21日死去。太子および太子の母穴穂部間人(あなほべのはしひとの)皇女とともに河内(かわち)の磯長(しながの)墓(大阪府太子町)に合葬された。通称は膳大娘(おおいらつめ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

膳菩岐岐美郎女の関連キーワードアラブ文学ヒジュラ暦劉黒闥推古天皇メッカメディナイスラム公営ギャンブル寺田屋イスラム暦