コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膳部菩岐岐美郎女 かしわでのほききみのいらつめ

1件 の用語解説(膳部菩岐岐美郎女の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

膳部菩岐岐美郎女

没年:推古30.2.21(622.4.7)
生年:生年不詳
聖徳太子最愛の妃。膳部傾子(加多夫古)の娘。膳大娘,膳大刀自,菩支々弥女郎,干食王后とも。推古6(598)年,すこぶる自分と合うという理由で聖徳太子により妃に選ばれ,4男4女を生んだ。太子の意をよく汲んで振るまったため愛されて,同じ墓に入る約束をした。太子が病床につくと看病中に倒れ,太子の亡くなる前日に没した。大阪府南河内郡太子町の叡福寺境内にある磯長陵(墓)に,太子とその母穴穂部間人皇女と合葬された。石室内の3棺のうち,前面に乾漆棺がふたつ並ぶが(棺台のみ残存),東が太子で西が菩岐岐美郎女のものだという。<参考文献>「聖徳太子伝暦」(『続群書類従8輯上』),「上宮聖徳法王帝説」(日本思想大系2『聖徳太子集』)

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膳部菩岐岐美郎女の関連キーワード阿佐太子穴穂部間人皇女上宮太子太子太子堂太子髷多夫太子会膳傾子膳菩岐岐美郎女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone