臨摹(読み)リンモ

世界大百科事典 第2版「臨摹」の解説

りんも【臨摹 lín mó】

中国で模写の一方法をいう。模写にはさまざまな方法があるが,臨とは原物をかたわらに置き,その形勢を写すやり方,臨写ともいう。摹とは原物の上に薄紙を置き透写(すきうつ)しする方法をいう。絵画では六法でいう伝模移写に相当する。古書画の研究あるいは習学の第一段階として重要視された。模写臨書【海老根 聰郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の臨摹の言及

【臨書】より

…学書に最も多く用いられる方法で,効果が大きいため初心者,大家の別なく行われる。中国では絵画の学習に〈伝模移写〉が重要であると説かれ,書においても〈臨摹(りんも)〉という熟語があり,学書の法とされている。〈臨〉は法帖を傍らに置いて習うこと,〈摹〉は手本(佳書)の上に紙をのせて練習すること,すなわち敷き写しである。…

※「臨摹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android