コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六法 りくほう

8件 の用語解説(六法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六法
りくほう

「六法 (ろっぽう)」のページをご覧ください。

六法
ろっぽう
liu-fa

中国,六朝時代謝赫が説いた絵画制作,技法修得の基本理念と,鑑賞に必要な6つの規範。「りくほう」ともいう。気韻生動骨法用筆,応物象形,随類賦彩,経営位置,伝模移写の事項があり,清代まで続いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

六法
ろっぽう
Six Acts

六議会制定法とも呼ばれる。 1819年イギリスで制定された急進派抑圧のための6つの法律の総称。ナポレオン戦争以後,「ピータールーの虐殺」事件が示すように議会改革派の動きが高まり,これに対処するためにトーリー党リバプール (伯) 内閣のカスルレー (子) が議会に法案を提出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りく‐ほう〔‐ハフ〕【六法】

東洋画の制作・鑑賞のための六つの規範。南斉の謝赫(しゃかく)が「古画品録」の序で挙げた、気韻生動骨法用筆・応物象形・随類賦彩・経営位置・伝模移写をいう。ろっぽう。

ろっ‐ぽう〔ロクパフ〕【六法】

現行成文法中の、憲法刑法民法商法刑事訴訟法民事訴訟法の六大法典。
六法全書」の略。
りくほう(六法)
六方(ろっぽう)34

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

六法

▽憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法刑事訴訟法

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ろっぽう【六法 liù fǎ】

中国絵画における規範を表す用語。六朝斉の画家謝赫(しやかく)の《古画品録》(《古今画品》)に見える。画品とは画の優劣の品等,すなわちランクづけすることで,六法は品等の基準となる概念であり,法は原理または要素,あるいはその両者を含んだ意味をもつ。品等は漢の人物評論に始まり,六朝になって詩と書,さらに画の世界に及んだ。品等は貴族文化の典型(理想像)志向に基づくもので,精神と感覚(内容と形式)の美しい調和を求めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろっぽう【六法】

現行成文法中の六大法典。すなわち、憲法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法。
中国南斉の謝赫しやかくの撰した「古画品録」の中に説かれた作画・鑑賞の基本になる六つの規範。気韻生動・骨法用筆・応物象形・随類賦彩・経営位置・伝模移写をいう。りくほう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の六法の言及

【画論】より

…この方法は鍾嶸(しようこう)《詩品》などの詩論,虞龢(ぐわ)《論書表》などの書論にもみられ,当時の貴族の間で盛行した人物批評の影響を受けている。《古画品録》はまた絵画の基本原理として六法(気韻生動・骨法用筆・応物象形・随類賦彩・経営位置・伝移模写)を提起し,特に第一の気韻生動は,後世画論のつねに中心的テーマであった。 唐代は,初期に李嗣真《続画品録》,張懐瓘《画断》などが著され,六朝に引き続いて優劣を問題とした《画断》は顧愷之を頂点に,神・妙・能の三品に分けたが,後期の朱景玄《唐朝名画録》に至ると,時流を反映し,常法にこだわらない逸品をこれに加えた。…

【謝赫】より

…論画の書物で現存最古とされる《古画品録》の著者で,27人の画家を6品に分類してその優劣を批評した。なかでもその序にみえる〈六法〉は,謝赫の創唱ではないが,最古の言及として名高い。【古原 宏伸】。…

※「六法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六法の関連キーワード界画根本規範於ける規範学奪格謝朓デンシティ強制規範鈴木敬裁判規範・行為規範

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六法の関連情報